Home > スポンサー広告 > XEST memo 100707

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/292-eb0081a5
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > XEST memo 100707

Home > ダンス > XEST memo 100707

XEST memo 100707

XESTこんばんは、Levia(レビア)です。

7/8(木)の今日は
ダンス教室「XEST」(ゼスト)に関連した技術的なお話しをします。
第6講目(6/30)から第6講の補講(7/7)までの内容の補足です。


XEST memo 100707 index


補足対象期間
2010/06/30(水) XEST 第6講 ~
2010/07/07(水) XEST 第6講補講

講義した内容
ダンスを披露する際のテクニックについて

補足する内容
ダンス進行表について

XEST memo 100707 cotents


今回補足したい内容は
  1. ダンス進行表を作る目的

  2. ダンス進行表の例
この2つです。さっそくいきます!(。+・`ω・´)シャキィーン☆


ダンス進行表を作る目的


ダンス進行表を作る目的とは・・
  1. 連鎖用子マクロの手動実行タイミングの備忘録
  2. マクロ動作エラーの際の確実な復旧

・・この2つに集約されます。

子マクロを連鎖させる自動ダンスマクロ実行中のラグを手動で修正するには、
次の子マクロを実行すべきタイミングを把握して初めて可能になります。

また一方で、
ダンス発表会は多数の人が集まり
ダンスの動作が遅れたり誤作動することも多々あります。

もしも実行中の子マクロが設計通り動かなかった時、
次の子マクロの手動実行タイミングで修正を試みることも可能なのです。


ダンス進行表の例


ではダンス進行表の例を以下に示します。
曲は本講でもおなじみの「Music Is Life」です。



この曲に沿って組んだ私のダンスマクロの進行表は・・

[NAME]F02 00:00| 開始直後
[NAME]F03 00:12| 7小節目
[NAME]F04 00:19| クラッシュシンバル。歌い出し「Music Is Life」と同時。
[NAME]F05 00:23| 歌い出しから3小節目の「Music Is Life」と同時。
[NAME]F06 00:34| クラッシュシンバル。2フレーズ目最初の「Music Is Life」と同時。
[NAME]F07 00:48| ブレイク突入時
[NAME]F08 00:56| 間奏直後の歌い出しと同時
[NAME]F09 01:18| 「Sit it!(?)」と同時
[NAME]F10 01:50| ギターソロ後の歌い出し「Music Is Life」と同時
[NAME]F11 02:04| クラッシュシンバル。2フレーズ目の「Music Is Life」と同時。

↑こうなります。

「[NAME]F02 00:00|」等と書かれた列はボタン名、
「開始直後」等と書かれた列はそのボタンを押すべきタイミングの説明です。

ノートカードマクロの[NAME]部分のみを残して他は削除、
代わりにマクロ実行タイミングの説明文を書き足した物と思って下さい。

各ボタン名には
ジェスチャー起動用のショートカットキー(例:F04・・ファンクション4キーで起動)と、
起動タイミング(例:00:19・・曲開始から19秒後)を表示しています。


本講でも触れましたが、
連鎖用の子ダンスマクロの分け方は音(耳)を基準に行いましょう。

曲中のわかりやすい「変調子」を各マクロの起点にし、
手動修正を行う際はその「変調子」を聞き逃さないようにするのです。

練習を兼ねて、
実際に動画を再生しながらダンス進行表の説明文を見て、
どの音を指しているのか探ってみましょう♪


またダンスの予行演習を何度も行っていると、
マクロ実行が遅れがちになるポイントの傾向が掴めることがあります。

そのポイント周辺は
各子マクロの間隔を短く取ると良いです。

そうすれば
遅れてもすぐ修正ができるので、
過負荷な環境でもダンスの安定感が増します。


例に示したダンス進行表で言うと、
実は「F04 00:19」周辺がそれに当たります。

ここで遅れる事が多かったので、
次の「F05 00:23」ですぐに修正できるよう、
間隔を短くとっているのです。

「F04 00:19」マクロ実行から「F05 00:23」実行までの猶予は
(ボタン名からもわかるように)わずか4秒。

この4秒間の間に「F04 00:19」の動作が遅れたかどうかを見極め、
遅れた場合は直後の「F05 00:23」ですぐに修正が利く構造にしています。


XEST memo 100707 おわりに


ここまで読んでくれた方!本当にお疲れ様でした!!

精巧なダンスマクロを成功に導く為の準備、
それがダンス進行表です!

是非活用してくださいね!

受講生の皆さん、
引き続き発表会のダンスマクロ作りに
励んでいきましょう!(。+・`ω・´)シャキィーン☆

XEST memo 100707 関連リンク

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/292-eb0081a5
Listed below are links to weblogs that reference
XEST memo 100707 from club TEMPEST archives

Home > ダンス > XEST memo 100707

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。