Home > スポンサー広告 > 簡単コマンド成形

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/44-2fbf4a90
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > 簡単コマンド成形

Home > ダンス > 簡単コマンド成形

簡単コマンド成形

こんばんは、Levia(レビア)です。

club TEMPEST(セカンドライフ)に関連したテクニック(ダンス編)として、
EZADノートカードのプログラム文成形「簡単コマンド成形」をご紹介します。

簡単コマンド成形 - 準備する物

正規表現が使えるテキストエディタ

例:

Windows用
K2Editor (フリーウェア), 秀丸エディタ (シェアウェア)

Macintosh用
mi (フリーウェア), jedit (シェアウェア)


簡単コマンド成形とは?

簡単コマンド成形とは、
コピペした「プログラム文の素材(コマンド)」を、
ノートカードに読み込める形に一瞬で整えるテクニックの事です。

具体的には正規表現検索置換を使い、
改行コードを一括削除します。


簡単コマンド成形 - やり方

簡単コマンド成形を行うにはまず、
用意した正規表現が使えるテキストエディタを開きます。

そこへ
プログラム名の手入力、
ダンスのレシピ帳からのコピペ、
リピート命令文などを
何も考えず入力しましょう。

するとこのようになります。


[NAME]Dance_medley_01|
Dance_A|10|
Dance_B|7.5|
Dance_C|5|
[REPEAT]


改行されているので、
このままノートカードにコピペしても使えません。

ここで簡単コマンド成形を行うと、


[NAME]Dance_medley_01|Dance_A|10|Dance_B|7.5|Dance_C|5|[REPEAT]


一瞬でこの形に整えることができます。

この形(1行1プログラム)ならば、
最初から最後まできちんとプログラムが実行されます。

次は、簡単コマンド成形の手順です。


簡単コマンド成形 - やり方

簡単コマンド成形のやり方を
K2Editor(Windows)とmi(Macintosh)を例に説明します。

K2Editor
  1. 「置換」メニューを表示(ctrl + R)

  2. 検索・置換条件を入力
       検索語 → \n
       置換する語 →

       ※「\n」の「\」は「円記号」にします。
         「置換する語」は空欄にします。

  3. 正規表現検索チェックボックスをオン(検索オプション)

  4. 「全置換」ボタンをクリック
mi
  1. 「検索/置換」メニューを表示(cmd + F)

  2. 検索・置換条件を入力

       検索文字列 → \r
       置換文字列 →

       ※「\r」の「\」は「バックスラッシュ」にします。
         「置換文字列」は空欄にします。

  3. 正規表現検索チェックボックスをオン(検索オプション)

  4. 置換範囲「全て」のラジオボタンを指定

  5. 「全てを置換」ボタンをクリック

「\」は環境によっては
「円記号」に見えたり「バックスラッシュ」に見えたりします。


簡単コマンド成形 - 解説

「簡単コマンド成形」と称してやっている事は、
正規表現のエスケープシーケンスを使った
改行コードの一括削除です。

「改行コード」という「文字列」を、
「無入力」で「置換」・・つまり、「削除」という事です。

改行コードを意味するエスケープシーケンスが
Winにとっては「\n」でありMacにとっては「\r」だったりします。

正規表現とは何か?
「円記号」と「バックスラッシュ」の違いとは?
なぜWinとMacで改行コードが違うのか?

興味がある方は
wikipediaあたりで調べてみましょうw

お勉強に役立ちそうなキーワード群
正規表現
エスケープシーケンス
バックスラッシュ
改行コード
LF(ラインフィード)
CR(キャリッジリターン)


簡単コマンド成形 - 誕生秘話

簡単コマンド成形は
長いプログラム文を入力する際、
大量のコマンド末尾の改行に
いちいちカーソルを合わせて削除する煩わしさを解消する為に考案しました。

入力操作が煩わしいということは、
入力ミスが出易くプログラムの動作エラーを招き易いという事。

簡単コマンド成形とダンスのレシピ帳と併用することで、
大部分の手入力が減る筈です。

正規表現検索置換の手順を覚えるまでは
かえって煩わしく感じるかもしれませんが、
手入力が減る分だけ入力精度は高まります。

こちらもぜひお試しください。


簡単コマンド成形 - 関連リンク

「簡単コマンド成形」関連コンテンツです。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/44-2fbf4a90
Listed below are links to weblogs that reference
簡単コマンド成形 from club TEMPEST archives

Home > ダンス > 簡単コマンド成形

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。