Home > スポンサー広告 > 曲の構造を知る

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/46-f48bf695
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > 曲の構造を知る

Home > ダンス > 曲の構造を知る

曲の構造を知る

こんばんは、Levia(レビア)です。

club TEMPEST(セカンドライフ)に関連したテクニック(ダンス編)として、
曲の構造を知るという事をご紹介します。

曲の構造を知る意味

曲の構造を知る事がそんなに大切?と思う方々へ。
セカンドライフで例えばこんな状況に陥ったらどう思いますか?

状況その1
この曲一番の盛り上がり!・・という時に、
大人しく静かに踊ってる時。

状況その2
静かな間奏でちょっと一息・・という時に、
地面を転げまわる程激しく踊ってる時。

私ならば違和感を感じます。

セカンドライフで「踊る」というより、
ただ「動かされてる」ように思えるからです。

こうした違和感を防ぎ、
曲の展開に沿ったダンスを心掛ける為に
曲の構造を知る事が重要になってくるのです。


曲の構造とは

たいていの曲の構造は大まかに言うと以下のようになります。

イントロ → メロディ → ブレイク → メロディ → アウトロ

曲の構造の各部分の性格は

イントロ(前奏)
曲の始まり。かなり音数少な目な部分。

メロディ(主旋律)
聴かせ処。音数いっぱいな部分。

ブレイク(間奏)
曲の中盤で音数が減る部分。

アウトロ(後奏)
曲の終わり。音数が減り始める部分。
このようになります。

先の質問になぞらえれば、
「メロディ」の時に大人しく踊っていたり、
「ブレイク」の時に激しく踊っていたりすると、
違和感を感じてしまうわけです。

曲の構造から言えば、
「イントロ」「ブレイク」「アウトロ」は大人しく、
「メロディ」は激しく踊っていると
違和感を感じにくくなります。


まずはこの
「大人しく踊る」時間と「激しく踊る」時間との境目。

ダンスの「動静」が切り替わるタイミングを
正確に予測できるようになりましょう。

その為にはどうすればよいか?
その手がかりは小節(数)にあるのです。


曲の構造を知る手がかり

曲の構造を知る手がかりは小節にあります。
・・正確には「カウントした小節の数」です。

実は4拍子の曲は必ず4の倍数小節ごとに曲の展開が変わります。

イントロに入った直後から数えて
4の倍数ぶん曲が進むとメロディにさしかかる、といった感じです。
(弱起(じゃっき)な曲は弱起部分終了直後から数えます)

曲の構造を把握し、
ダンスの動静の切り替えを正確に予測する為、
小節を数える事が重要になります!

その小節の数え方については次回記事で触れていきます。


曲の構造を知る - 関連リンク

「曲の構造を知る」関連コンテンツです。

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/46-f48bf695
Listed below are links to weblogs that reference
曲の構造を知る from club TEMPEST archives

Home > ダンス > 曲の構造を知る

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。