Home > スポンサー広告 > 自動ダンスマクロの組み方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

URL 2010-01-05 (火) 16:27

まくろ?????  @@;;
みくろの反意語なんだろうけど ;;;;;;

Levia Mizser URL 2010-01-05 (火) 20:15

マクロとは、
特定の操作を記録しておいて
いつでもボタンひとつで実行できるようにしたもの。

この場合だと、
ボタンひとつで1曲まるまる踊れるダンスマクロ、ってわけw

Dance_1を12秒再生
 ↓
Dance_2を14秒再生
 ↓
Dance_3を16秒再生

ってな手順を手作業でやるんじゃなくて、

[NAME]Melody_1|Dance_1|12|Dance_2|14|[GO]2
[NAME]Melody_2|Dance_3|16|

↑こういったノートカードマクロを書いて、
それをボタンひとつで実行しましょう!ってお話しでーすw

URL 2010-01-06 (水) 12:00

・・・・・・;;;;;   わはははははははははははは

Levia Mizser URL 2010-01-06 (水) 22:23

www

今度個人授業だねw

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/54-fb5e2656
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > 自動ダンスマクロの組み方

Home > ダンス > 自動ダンスマクロの組み方

自動ダンスマクロの組み方

こんばんは、Levia(レビア)です。

club TEMPEST(セカンドライフ)に関連したテクニック(ダンス編)として、
自動ダンスマクロの組み方をご紹介します。

自動ダンスマクロの組み方 - 概要

自動ダンスマクロの組み方の概要は。


[GO]Xコマンドを使って
全マクロをひとつなぎにしてしまうということ。

「[GO]X」コマンドは、
「ノートカードのX行目のマクロを続けて実行」するコマンドです。


自動ダンスマクロの組み方 - 例

自動ダンスマクロの組み方の例です↓

[NAME]Melody_1|Dance_1|12|Dance_2|14|[GO]2
[NAME]Melody_2|Dance_3|16|Dance_4|8|[GO]3
[NAME]Break|Dance_5|20|[GO]4
[NAME]Melody_3|Dance_6|10|Dance_7|12|[STOP]

↑このノートカードをEZADに読み込ませて
「Melody_1」ボタンを押せば、
「Melody_3」まで続けて実行します。

ノートカード1行目の「Melody_1」マクロ実行後「[GO]2」コマンドで
ノートカード2行目の「Melody_2」マクロを続けて実行・・といった具合に、
次の行のマクロを実行する[GO]Xコマンドを
各マクロの終端に入れてあるからです。


自動ダンスマクロの組み方 - [GO]Xコマンドを使う理由

ではなぜ「自動ダンスマクロの組み方」として、
[GO]Xコマンドを使うのか?

全部のマクロを1行にまとめれば良いじゃないか!
・・そう考える方も居るかと思います。

これには2つ問題があります。

1つ目。
あまりに長すぎるマクロは中断され、
全部は実行されない事。

2つ目。
最初のマクロ実行タイミングをしくじると、
ずっとズレたままになってしまう事。

この2つの問題です。


自動ダンスマクロの組み方 - 特徴

この「自動ダンスマクロの組み方」の特徴として、
演技中に微調整が利く事が挙げられます。

[NAME]Melody_1|Dance_1|12|Dance_2|14|[GO]2
[NAME]Melody_2|Dance_3|16|Dance_4|8|[GO]3
[NAME]Break|Dance_5|20|[GO]4
[NAME]Melody_3|Dance_6|10|Dance_7|12|[STOP]

先ほど例示したノートカードの「Melody_1」実行が若干早く、
このままでは「Melody_2」も早く始まってしまうのが予測できたとします。

その場合は、
理想的なタイミングで「Melody_2」を手動実行し直す余地があるのです。


また、
演技中にラグで本来よりもマクロの進行が遅れて来た場合も、
後続のマクロを手動実行すれば修正が利きます。

ではタイミング修正の為の
手動実行を行いやすいマクロ構造とは何か?

それについて次でお話ししていきます。


自動ダンスマクロの組み方 - 関連リンク

「自動ダンスマクロの組み方」関連コンテンツです。

スポンサーサイト

Comments:4

URL 2010-01-05 (火) 16:27

まくろ?????  @@;;
みくろの反意語なんだろうけど ;;;;;;

Levia Mizser URL 2010-01-05 (火) 20:15

マクロとは、
特定の操作を記録しておいて
いつでもボタンひとつで実行できるようにしたもの。

この場合だと、
ボタンひとつで1曲まるまる踊れるダンスマクロ、ってわけw

Dance_1を12秒再生
 ↓
Dance_2を14秒再生
 ↓
Dance_3を16秒再生

ってな手順を手作業でやるんじゃなくて、

[NAME]Melody_1|Dance_1|12|Dance_2|14|[GO]2
[NAME]Melody_2|Dance_3|16|

↑こういったノートカードマクロを書いて、
それをボタンひとつで実行しましょう!ってお話しでーすw

URL 2010-01-06 (水) 12:00

・・・・・・;;;;;   わはははははははははははは

Levia Mizser URL 2010-01-06 (水) 22:23

www

今度個人授業だねw

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/54-fb5e2656
Listed below are links to weblogs that reference
自動ダンスマクロの組み方 from club TEMPEST archives

Home > ダンス > 自動ダンスマクロの組み方

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。