Home > スポンサー広告 > エンコーディングにご用心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/741-b0de4487
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > エンコーディングにご用心

Home > DJ > エンコーディングにご用心

エンコーディングにご用心

  • 2011-08-30
  • DJ
club TEMPESTこんばんは、
club TEMPEST(テンペスト)のLevia(レビア)です。

8/30(火)の今日はちょっとコラムを。



WAV vs 320kbps mp3から続きます)

デジタルDJ(PCDJ)配信の際、気をつけるべき音質の罠。

まず第一の罠として、
配信の際のエンコーディングが挙げられます。

今日はそのエンコーディングについて、
少々書き綴ってみます。

エンコーディングって何?

エンコーディングとは、
ある形式のデータを別の形式に変換することです。

以前説明した、
WAV形式のファイルをmp3形式に変換(圧縮)する事も、
実はエンコーディングに該当するのです。

DJ配信時のエンコーディング

DJ配信の際、
PCで鳴った音は一旦WAVとして出力され、
そのWAVをエンコーディングして配信します。

つまりDJ配信を行う場合、
PCから出る音を直接スピーカーに出す場合
(例:実際のクラブでDJする場合など)と比べて、
1回分余分に圧縮された音になるということです。

エンコーディングへの対策

DJ配信時のエンコーディングは
避けては通れない音の圧縮工程です。

この事を念頭に置き、
使う音楽ファイルの音質は極力良い状態にしておきましょう。

そして、実際に配信されている音の音質がどの程度なのか、
必ず自分の耳で確認をするようにしましょう。

【余談】多重エンコーディングの例

DJ配信にはエンコーディングが不可避と述べましたが、
配信方法次第で多重エンコーディングになる場合もあります。

私も活動中のセカンドライフでのDJを
USTREAM放送する場合を例に取ると・・


1.DJがmp3を鳴らす
  ↓
2.1の音をエンコーディングしてセカンドライフ内に配信する
  ↓
3.2の音をエンコーディングしてUSTREAMで放送する


・・このように、
最大で合計3回のエンコーディングがかかります。


セカンドライフ内音楽イベントをUSTREAM放送する場合、
DJとUSTREAM放送担当者がしっかりと協力して
入念な音質チェックをぜひ行いましょう。



次回のDJ配信コラムでは次の「音質の罠」について、
具体的に述べていきます。


ボリュームコントロールにご用心に続きます。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/741-b0de4487
Listed below are links to weblogs that reference
エンコーディングにご用心 from club TEMPEST archives

Home > DJ > エンコーディングにご用心

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。