Home > スポンサー広告 > ボリュームコントロールにご用心

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/743-21aae380
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > ボリュームコントロールにご用心

Home > DJ > ボリュームコントロールにご用心

ボリュームコントロールにご用心

  • 2011-09-01
  • DJ
club TEMPESTこんばんは、
club TEMPEST(テンペスト)のLevia(レビア)です。

9/1(木)の今日はちょっとコラムを。



エンコーディングにご用心から続きます)

デジタルDJ(PCDJ)配信の際、気をつけるべき音質の罠。

第二の罠として、
配信の際のボリュームコントロールが挙げられます。

この「ボリュームコントロール」なるものについては、
ボリュームコントロールの注意その1」や
ボリュームコントロールの注意その2」で既に少し触れていますが、
今回は「その2」に関して更に詳しく書いてみたいと思います。

ボリュームコントロールの注意点(レビア視点)

デジタルDJ(PCDJ)配信の際、
私が危惧するボリュームコントロールの注意点は

  1. エンコーディングで音が1回余計に圧縮されている事
  2. リスナーのリスニング環境がまちまちな事

・・この2点です。

それぞれのボリュームコントロールの注意点について、
早速ですが考察していきます。

エンコーディングについて - ボリュームコントロール注意点1

ビットレートの単純比較だけでの断言はできませんが、
普段よりも音が圧縮されている分だけ
デリケートなイコライズやエフェクト使いを心がけるべきです。

WAVや320kbps mp3を直接聴くなら許容できる
強めのボリュームコントロールも、
もしかすると配信時のエンコーディングで音が圧縮されると
音が壊れてしまうかもしれません。

万全を期するなら、
実際に配信された音を保存してのサウンドチェックを
事前に必ず行いましょう。

参考:
Oddcast(edcast)のSave Archive Of Stream設定
Oddcastの設定【SHOUTcast直接配信編】より)

リスニング環境について - ボリュームコントロール注意点2

リスナーによって、
リスニング環境はまちまちです。

簡易なリスニング環境でも問題なく出力できるよう、
控え目なボリュームコントロールを心がけてください。

それだけでなく。

デジタルDJ(PCDJ)配信は、
リスナーがイヤフォンやヘッドフォンで
極力外部の音をシャットアウトして聴くことができる・・という事も
忘れないでください。


実際のクラブでやるような、
とにかく大きく遠くまで響かせる為の
強めのボリュームコントロール。

これをそのままデジタルDJ(PCDJ)配信でもやってしまうと、
ヘッドフォンで聴いているリスナーにはアラが目(耳?)立って
聴こえてしまう可能性がある、ということです。


蛇足になりますが、
セカンドライフで私がDJをやっている時、
機材不調で音にノイズが混じってしまったのを
耳ざとくみつけたリスナーもまたヘッドフォン使用だったことを
付け加えておきます(汗



次回のDJ配信コラムでは最後の「音質の罠」について、
具体的に述べていきます。


ノイズにご用心に続きます。

スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/743-21aae380
Listed below are links to weblogs that reference
ボリュームコントロールにご用心 from club TEMPEST archives

Home > DJ > ボリュームコントロールにご用心

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。