Home > スポンサー広告 > TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/856-260413d7
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from club TEMPEST archives

Home > スポンサー広告 > TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3

Home > DJ > TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3

TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3

  • 2011-12-23
  • DJ
club TEMPESTこんばんは、
club TEMPEST(テンペスト)のLevia(レビア)です。

12/23(金)の今日は
TRAKTOR Proの使い方に関するコラムを。


今日はTRAKTORのTrack Collectionを整理する方法を
ご紹介してみます。

TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3 概要

今回の「TRAKTOR Pro楽曲データ復旧その3」は、
膨大なTrack Collectionを一度に整理する方法です。

1曲ごとに「!」マークを復旧させる「TRAKTOR Pro楽曲データ復旧その2」の
Track Collection一括版です。

TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3 手順

Track Collectionの整理は
Track Collectionの右クリックメニューから行います。

画面左下にある「Track Collection」アイコンを右クリック後、
「Check Consistecy」を実行します。

暫く待つと「Consisitency Check Report」画面が表示され、
TRAKTOR Proに認識されない曲(Tracks Missing)等の件数が判明します。

Consisitency Check Report
(Consisitency Check Report)

次に「Missing Tracks」タブを開き、
TRAKTOR Proに認識されていない曲の一覧を表示させます。

ここで「Relocate」で再度認識させたり、
「Remove」でTrack Collectionから消去する事が可能です。

「Relocate」でディレクトリを指定すると、
自動的にサブディレクトリ内も検索してRelocateします。

TRAKTOR Proに認識されない曲が余りに多すぎる場合、
1曲ずつRelocateするのは大変です。

是非この「Consisitency Check Report」をお使い下さい。


TRAKTOR Pro楽曲データ復旧関連リンク
スポンサーサイト

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://clubtempest.blog9.fc2.com/tb.php/856-260413d7
Listed below are links to weblogs that reference
TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3 from club TEMPEST archives

Home > DJ > TRAKTOR Pro楽曲データ復旧方法その3

Meta
Links
Feeds
Recent Comments

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。